アフィリエイトの仕組みとブログやサイトの開設方法

アフィリエイトの仕組み

目次
トップ
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト
申請手順
アフィリエイト
ASP 一覧
アフィリエイト
関連書籍
アフィリエイト
広告用語や指標用語
ブログ・サイト
開設方法
ブログ・サイト
お役立ちツール
 
□ サイト内検索 □
 
 
「アフィリエイト.ws」は、アルファベット表記では次のようになります。日本語未対応ブラウザのため、リンク等の表記は、アルファベット表記でお願いします。
xn--cckcdp5nyc8g.ws
 
 
アフィリエイト、アフリエイト、アソシエイト、リンクスタッフ
アフィリエイト(アフリエイト)とは、英語で「affiliate」と記載し、日本語は「提携する」とかの意味になります。「提携する」と言う英語に、アソシエイト「Associates」という言葉もあり、一部では、アソシエイトと呼んでいます。提携すること、すなわち、広告を行うことで、それぞれの規約によって、報酬が支払われるものです。
インターネットの世界は、巨大サイトから個人サイトまで、なんらかな形で広告と関係し、その報酬で運営されているのです。広告主とサイトの開設者とを取り持つ仲介業者(広告代理店)が、アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)です。また、ASPを介さない自社運営タイプもあります。


アフィリエイトは、サイトやブログがあればできる
あなたがサイトやブログを持っていれば、アフィリエイト(アフリエイト)はできます。注意すべき点は、あなたのレンタルサーバーの規約により、アフィリエイトができない場合があります。無料のレンタルサーバーの一部には、レンタルサーバー側の広告にて運営されているためです。この点だけ確認して、アフィリエイトができるのであれば、アフィリエイトを始めてみましょう。
なお、アフィリエイト(アフリエイト)を行う費用は不要ですし、提携をしたからといって、必ず、アフィリエイトをしなければならないものでもありません。また、初めからアフィリエイト(アフリエイト)で大儲けなどは無理です。サイト運営費用、ソフト購入費、勉強用の書籍費の一部でも回収しようと思ってするのが無難です。ただ、主婦の方など、多大な時間を捻出できる方の一部には、びっくりされる金額をお稼ぎになられています。


aff


アフィリエイトには、露出報酬型広告、クリック報酬型広告、成約報酬型広告
クリック報酬型広告や露出報酬型広告は、成約しても、しなくても関係ありません。あなたのサイトに、なんらかの広告を載せるだけで支払われるのが露出報酬型広告、クリックしてもらって支払われるのがクリック報酬型広告です。露出報酬型広告は、1回露出(ページが表示)されて、0.01円とかの金額になります。クリック報酬型広告は、1〜50円くらいです。
成約報酬型広告は、成約したときに報酬が支払われるものです。例えば、物が売れたり、入会行為が行われたり、資料請求が行われたりする場合です。報酬額は、ものの種類・金額などにより異なりますが、おおむね1〜5%です。1%として、1000円ならばたかだか10円ですが、10万円ならば1000円になります。分かりやすい例で言えば、パソコンがこれに該当します。


露出型広告の説明写真   クリック型広告の説明写真   成約型広告の説明写真
見る   クリック   購入や登録など
露出報酬型広告   クリック報酬型広告
クリック保証型広告
  成約報酬型広告
成功報酬型広告



広告が自動生成されるコンテンツマッチ広告(コンテンツ連動型広告)のアフィリエイト
最近では、サイトの内容を自動的に判断して最適な広告が自動的に貼りつくようなアフィリエイト(アフリエイト)も始まってきました。大きさ、デザイン(配色など)、自分のIDをタグで貼り付けると、自動的に最適な広告が貼りつきます。このタグを、複数のページに貼り付けても、それぞれのページにあった広告となります。これにより、広告主(提携サイト・ECサイト)、サイト運営者とも、効率の良い、かつ、広告がコンテンツを補完するようになります。将来的には、このようなアフィリエイト(アフリエイト)が中心となると思われます。
ロボット検索のGoogleさんがアフィリエイト(アフリエイト)をされています。「AdSense」と言う名称で呼ばれています。上の「文書にマッチした広告が自動生成」と言うのは、Googleさんです。2004年夏ごろから、良く見かけるようになりました。このサイトでも、「Ads by Google」は各ページに貼り付いています。
また、ちょっと異なりますが、「最適化」などと言う名称で、クリックされない広告は自動的に他の広告に貼りかえられる方法を選択できるところもあります。


aff


自社運営のアフィリエイト
ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)を通さない自社運営のアフィリエイト(アフリエイト)もあります。これの代表格は、amazonさんです。amazonさんの場合、アソシエイトプログラムと呼ばれています。そして、amazonさんの場合、「WEBサービス」まで行われています。ここまで来ると、アフィリエイト(アフリエイト)なのか、仮想店舗なのか分からなくなってしまいます。


asp     independence


タグとASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ=広告代理店)サーバー
ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)や広告主(提携サイト・ECサイト)の承認がとれ、サイトに掲載する広告が決まれば、ページにタグを貼ることになります。その前に、ちょっと仕組みを理解しておくと、タグの貼り間違えやページの表示が遅くなったときの原因などの参考になります。
ページに貼り付けるリンク先は表示される飛び先ではありません。まず、ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ=広告代理店)のサーバーにとんだ後、そこで、実際に表示されるURLが渡されて、そのURLのページが表示されます。クリックして、飛んでいく先のページが表示されるまでに時間がかかるときは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ=広告代理店)のサーバーの処理時間が遅い場合があります。
また、露出報酬型、一部のクリック報酬型では、表示回数をカウントするため、ページが表示されるたびに、ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)のサーバーを読みに行きます。広告が多数で、かつ、複数のASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)の広告を貼っている場合、ページの表示が遅くなる場合があります。


aff


アフィリエイト広告でうんざり!
上の項目にも関係しますが、お金儲けが主目的か、サイト運営費のいくらかでも取り戻したいだけなのかを良く考えて見ましょう。お金儲けが主目的であれば、店舗を出店してしまうのも方法です。あくまで、サイトの運営費をいくらかでも取り戻したい形にすべきです。
ただ、コンテンツマッチ広告(文書にマッチした広告が自動生成)の場合、広告がコンテンツを補強するメリットもあります。思わず、自分でクリックしたくなります(笑)。禁止されていますので、我慢です。



アフィリエイト広告を貼ろう
サイトに広告を貼ってみましょう。ASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ=広告代理店)により、タグの取得方法はさまざまです。最初は、練習用のページを作って、うまく動作するかの確認です。注意点は2点です。クリックしたときに、望んでいたページに飛んでいるかの確認、タグの中に自分のIDコードが入っているかです。うまく行っているようでしたら、公開ページに貼ってみましょう。



関連サイト  :
ドメインの取得・運用・管理のための知識集    日本語ドメインと日本以外での取得を解説    ドメイン取得のための価格比較と登録方法    独自ドメインが使用できるサービス一覧    マルチドメインが設定できるレンタルサーバー    ドメインパーク