アフィリエイトの仕組みとブログやサイトの開設方法

アフィリエイト 広告用語や指標用語

目次
トップ
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイト
申請手順
アフィリエイト
ASP 一覧
アフィリエイト
関連書籍
アフィリエイト
広告用語や指標用語
ブログ・サイト
開設方法
ブログ・サイト
お役立ちツール
 
□ サイト内検索 □
 
「アフィリエイト.ws」は、アルファベット表記では次のようになります。日本語未対応ブラウザのため、リンク等の表記は、アルファベット表記でお願いします。
xn--cckcdp5nyc8g.ws
 
 
ユニークビジターとページビュー
ユニークビジターとは、訪問者(ビジター)を重複カウントしないで算出した人数です。
ページビューとは、サイト内のページが1回表示されると1ページビューとなります。
例えば、同じ人が、その日にトップページに何回飛んできても、ユニークビジター数は1ユニークビジターです。1人の訪問者が、サイト内をうろうろして、10ページを見たとすると、10ページビューです。1ユニークビジターあたり平均10ページ見るとすると、100ユニークビジターで1000ページビューとなります。なお、サイトに設置されているカウンタにも、ユニークビジターだけをカウントするものと、カウンタの設置されているページが開かれるたびにカウントするものがあります。





view



インプレッション
インプレッションは、広告の露出(掲載)回数のことです。サイトに訪問者が訪れ、広告が1回表示されることをさします。


CPCとCPM
  1. CPC
  2. Cost Per Click(コスト・パー・クリック)の略で、クリック広告のクリック単価です。
    クリック1回あたりの収入になります。

  3. CPM
  4. Cost Per Mille(=thousand)の略で、露出型広告の掲載1000回あたりの料金です。
    これに掲載対象ページの閲覧数(ページビュー)を乗じて1000で割ったものが広告収入になります。
    [補足]
    「M」は、ローマ数字で1000を意味する「M」、あるいは、その由来となったラテン語で1000を意味する「mille」から来ており、英単語の略ではありません。

有効インプレッション単価(eCPM)とインプレッション収益(RPM)
eCPMとは、effective cost per thousand impressionsの略で、有効インプレッション単価です。
[補足]
「M」は、ローマ数字で1000を意味する「M」、あるいは、その由来となったラテン語で1000を意味する「mille」から来ており、英単語の略ではありません。

Google AdSenseでは、有効インプレッション単価と インプレッション収益の2 つの用語を同じ意味で使用しています。 インプレッション収益(RPM)は、表示回数1,000 回あたりの推定収益額を表します。 インプレッション収益は実際の収益額ではありません。

推定収益額をページビュー数、表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

インプレッション収益=(見積もり収益額/ページビュー数)×1000


コンバージョンレート(CVR)、コンバージョン率
CVRは、conversion rateの略です。

訪問者数のうちどの程度が実際に商品を購入したかを示すのがコンバージョンレートで、訪問者が誰も商品を購入しなければ0%、すべての訪問者が商品を購入すれば100%となる。 単純なサイト訪問者数に対する割合だけでなく、特定の広告をクリックした人についてコンバージョンレートを算出することにより、広告の効果を検証するといった利用方法もある。


関連サイト  :
ドメインの取得・運用・管理のための知識集    日本語ドメインと日本以外での取得を解説    ドメイン取得のための価格比較と登録方法    独自ドメインが使用できるサービス一覧    マルチドメインが設定できるレンタルサーバー    ドメインパーク